スキルアップに成功!

会社の取得推奨を機会に、周りに先駆けて受験。
仕事に活かせる実感が、スキルアップ意欲の向上に!

大越 真名美さん (27歳)
東京都 / コクヨS&T株式会社 ビジネスマーケティング事業部

マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格取得のきっかけは?

私は、ビジネスマーケティング事業部というBtoB向けの営業部門で実務アシスタントの仕事に就いています。そのようななか、2008年の4月より、実務職の社員は全員、マイクロソフト オフィス スペシャリストを取得することが決まったんです。実際の業務では、商品出荷の実績データづくりなどでExcelは日常的に使っていましたし、個人的にも資格が欲しいと思っていたので、この機会を利用して資格取得に挑戦することにしました。会社が設定した資格の取得期間は2年間ありましたが、業務の効率化にもつながると考え、周りのスタッフに先立って、2008年の7月にExcelの資格試験を受けました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

受験を決意してから約2週間は、推奨されていた資格対策教材(公認コースウェア)を中心に勉強しました。最初に、“まずは、いまの実力を知ってみよう”と考え、教材に付いていたCD-ROMの模擬試験を解いてみたところ、6~7割できたんです(笑)。Excelは、7年前の新人社員研修時に基本的なことは学びましたが、やっぱり毎日Excelを使っていたからこその結果だと思いました。そこで、試験対策としては、日頃、使っていない機能を重点的に練習することに。通常業務では、VLOOKUP関数などは使いこなしていましたが、グラフや図形づくりなどは手がけたことがなかったので、何度も復習して本番に臨みました。

取得後の感想や今後の目標をお聞かせください。

取得後は、これまで使わなかったから知らなかった機能を使いこなせるようになり、業務が楽になりました。また、周りのスタッフからアドバイスを求められるなど、周囲の評価も変わってきたように思います。
今後は、発注業務に必須のマクロ機能を使いこなせるよう、自分自身でマクロを組めるようになりたいですし、部署内で使う機会の多いAccessにも精通していきたいです。また、エキスパート レベルの取得も目標のひとつです。もっともっとスキルを上げてさらに仕事に役立ていきたいと考えています。

【2009年11月掲載】
※掲載内容は、『Odyssey Magazine Vol.9 』(2008年11月発行)掲載内容の要約です。

【取得科目:Excel 2002】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと、苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら