頑張る!中高年

あくなきチャレンジ精神でマスターを取得。
合格認定書は自分の“スキル”と“頑張り”の証です。

板垣 時子さん (58歳)
埼玉県

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

「パソコンをやってみたい」と思い、新聞広告を見て川口駅前にあるハロー!パソコン教室に通うことに。これまで、パソコンはほとんど触ったことがなかったので、基礎からはじめました。最初の頃は、資格取得は思ってもいませんでしたが、教室の掲示板にあった、合格した高齢者の方の写真と記事を見て、“私も挑戦してみよう!”という気持ちが芽生えました。そこで、まずはOffice 2003バージョンのWordの資格から取り組み、最終的にはマイクロソフト オフィス マスター取得を目標にしました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

最初は勉強も試験も難儀しました。何しろパソコン初心者なので基礎習得に時間がかかりましたので。それでも、教室での2~4時間の勉強と、自宅で最低2時間の復習は必ず実行するようにしました。
資格試験は、WordとPowerPointは1回で、ExcelとWord Expertは2回目、そしてExcel Expertは3回目の試験で合格。ここまでは、割と順調だったので、“もっと上を目指そう!”と思い、マイクロソフト オフィス マスター取得のための4科目めにAccessを選択しました。これが大苦戦で、合格したのは7回目。6回目の不合格のときは、さすがに“もう、やめます!”と先生に相談しましたが、「違う教材を使って勉強してみたら?」というアドバイスをもらい、再び挑戦した結果の合格です。先生の支えがあったことで踏ん張れましたし、諦めなかったがゆえの目標達成です。

取得後のスキルの活用状況をお聞かせください。

先日、自治会の引き継ぎ資料に図形を入れて提出したところ、「すごいじゃない!どうやって作ったの?」と驚かれ、後任の方にExcelの機能を教えることに。とても感謝され、私の自信にもつながりました。
専業主婦の58歳でも、“目標を持って挑戦すれば達成できる”ということ、そして“とにかくやろう!”という気持ちが大切だということをこの資格の取得で実感できました。見るたびに嬉しい合格認定書は、額に入れて飾ってあります。

【2009年11月掲載】
※掲載内容は2009年10月取材時のものです。

【Microsoft Office Master(2003)認定】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら