スキルアップに成功!

取得後は業務効率アップのおかげで
「人との会話」の時間を増やせたのも大きな収穫でした。

高木 博昭さん (49歳)
兵庫県/会社員

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

資格取得のきっかけは単純なものでした。仕事中、パソコンを使ったデスクワークに時間をとられることが多く、また、不明点があっても周りの人も忙しいのでなかなか聞きづらい。そこで、“Microsoft Officeの各アプリケーションを基礎から勉強しよう!”と考えるようになりました。そして、IT企業に勤務している知人から、「実務のためだったら、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(以下、MOS試験)の資格が良いのでは」と勧められたこともあり、MOS試験の資格取得を目指すことにしたんです。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

基本は、試験対策教材を使った独学です。資格は、Word 2003、Excel 2003、Word 2003エキスパートレベルと、比較的スムーズに取得できましたが、Excel 2003エキスパート レベルでつまずきました。この科目については、問題集(CD-ROM)を使った勉強だけではわからないこともあったので、休日にパソコン教室にも通って何とか取得。さらにAccess 2003は、幹部社員に 「Accessは非常に便利だけど、このなかでAccessのできる社員はいないだろうなぁ」と言われ、ますますやる気に。最初は基礎を理解するのに苦戦しましたが、少しずつわかってくると勉強が楽しくなり、まずまずの高得点で合格できました。

取得後の感想をお聞かせください。

仕事では、日々取得したスキルを活かせていることを感じていますし、同僚からの質問にも答えられるなど、気がつけば、「教えてもらう人」から「教えることのできる人」に変わっていました。それと、まさにソクラテスの名言「無知の知」の一節の体感で、パソコンやMicrosoft Officeについて今まで知っていたつもりでしたが、実際はほとんどわかっていないことを知りました。その他にも、スキルアップで業務効率が上がったことはもちろんのこと、職場ではパソコンを使った時間を節約することができ、その分「人との会話」の時間を増やすことができました。仕事柄、これはとても大きな収穫です。
スキルの習得には「基礎」が重要なので、「基礎」から勉強できるMOS試験を、後輩のスキルアップのためにも推奨していきたいと思います。

【2010年10月掲載】
※掲載内容は2010年10月取材時のものです。

【取得科目:Excel 2007、Word 2003、Excel 2003】
【Microsoft Office Master(2003)認定】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら