スキルアップに成功!

職場の異動をきっかけに資格取得に挑戦!
周りの職員に的確に教えることもでき、スキルも自信も身につきました。

中村 謙一さん (34歳)
長崎県/波佐見町役場 事務職

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

2009年の春、勤務先の役所で情報系の部門に異動になったことがきっかけです。それまでは、Excelの簡単な計算式ぐらいしか扱えなかったのですが、異動後は、職員にMicrosoft Officeのアプリケーションに関して教える機会が増えたこともあり、“Microsoft Officeを、もっと深く理解したい!”と思うようになりました。さらには、教える立場になった自分自身に、何か自信をつけるような資格が欲しいと考えネットで検索。そこで、世界共通資格のマイクロソフト オフィス スペシャリスト(以下MOS試験)の存在を知り、「まさに、これだ!」と思い、資格取得を目指しました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

市販の対策教材を使った独学です。毎日、約2時間は家で勉強して、気分転換のために図書館にパソコンを持ち込んで勉強することもありました。試験直前は、教材に付属されていたCD-Rの模擬試験を繰り返し解いて、パソコンでの試験環境に慣れることと、知識を深めることに努めました。最終的にはマイクロソフト オフィス マスターの取得を目標としていたので、すべてのアプリケーションを学習しましたが、「覚えた機能を操作するのが楽しい」と感じながら勉強していくと覚えるのもスム-ズだったので、そうした意識を持つことが資格取得の近道かな?と、個人的には思います。

取得後のスキルの活用法をお聞かせください。

業務的な大きな成果としては、ピボットテーブルの作成やマクロの組み込みが容易にできるようになったため、Excelの表作成が効率的になったことです。また、資格取得前までは苦手意識の強かったWordも、段落や改行、スタイルの設定などを使いこなせるようになったので、誰もが見やすい文書を簡単に作れるようになりました。

それと、Microsoft Office の各アプリケーションについて、職員にためらうことなく教えることができるようになった点は、自分にとても自信がつきました。その他、資格という明確なカタチでスキルをアピールできるので上司から褒められることもありますし、周りの職員からも“情報系のスペシャリスト”として一目置かれるようになりました。MOS試験を取得して本当に良かったと思っています。

【2010年11月掲載】
※掲載内容は2010年10月取材時のものです。

【取得科目:Word 2003、Excel 2003、Outlook 2003】
【Microsoft Office Master(2003)認定】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら