学生時代に合格

大学の授業で、将来どんな仕事に就いても必要なスキルだと確信。
計画的に目標を立てて取り組んだ結果、高得点で合格できて感激です!

大原 優佳さん (19歳)
千葉県/城西国際大学 国際人文学部 国際交流学科

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

私は、将来英語を使って人々と交流できる仕事に就きたいと思い、国際交流学科に入学しました。でも、今の社会では、どんな仕事に就いてもパソコンを使うので、そのスキルも必要になるはず・・・。そう考えている時に、大学の「基礎ゼミ」で説明を受けたのがマイクロソフト オフィス スペシャリスト(以下、MOS試験)でした。「基礎ゼミ」では、キャリア形成の目標を立てて、そのために必要な知識や資格のことを勉強していますが、そこでの話を聞いて、“今後の自分のキャリアプランに必要不可欠!”と考えたことからMOS試験の資格取得を決めました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

試験前は対策教材を使って一人で勉強しました。大学の情報系の科目ではMicrosoft Officeの各アプリケーションについて学びましたが、足りないところを自分で努力して身につけました。「一日、最低2時間は勉強すること」を目標にしましたが、アルバイトなどでできない日もありました。そんな時は、怠けたくなる気持ちに鞭打って翌日は2倍勉強するよう心がけました。勉強には、公認コースウェアの対策テキストと模擬問題集を使いましたが、対策テキストはわかりやすく、細かい説明も記載されていたため、2日分の長時間の勉強でも集中して取り組むことができました。また、模擬問題集は40分以内に90%以上の正解率を得られるようになるまで繰り返し解きました。

取得後の感想をお聞かせください

資格の勉強は8月からはじめましたが、9月にはWord、10月にはExcel、そして11月にはPowerPointの資格を取得。いずれも、かなり高得点で合格でき、なかでもPowerPointは980点という点数を取ることができて自分でも感動しました!
今後は、資格取得によって身につけたスキルを大学のレポート作成や発表の場に活かしていきたいです。また、近いうちにAccessの資格にも挑戦して、マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター取得も目指したいと思っています。

【2010年12月掲載】
※掲載内容は、2010年11月取材時のものです。

【取得科目:Word 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら