スキルアップに成功!

働きはじめたら絶対必要なスキルだと確信。
即戦力になるためExcelを一から勉強して取得しました。

渡邉 梨沙さん (22歳)
東京都/株式会社ライフプラザホールディングス 人事総務部勤務

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

大学1年生のときの授業でWordとExcelの基本だけは習いましたが、Excelは学校でもプライベートでも使う機会がなかったので、ほとんど使えないまま就職活動をはじめました。そんな折、参加した就職セミナーの説明会でマイクロソフト オフィス スペシャリスト(以下MOS試験)のことを知り、働きはじめたらMicrosoft Officeを使うスキルは絶対に必要とされるということを確信。そこで、一からExcelを勉強することを決め、MOS試験の合格を目指して勉強に取り組みました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

資格の対策テキストを使って、1カ月ほど勉強しました。勉強していてどうしてもわからないことがあった場合は、自宅で仕事するときにExcelをよく使っている父に助けてもらったりしました。普段使うことのないVLOOKUP関数などは、馴染みがない分すぐには理解できなかったのですが、働いてから使うことを想定しながら覚えていくよう頑張りました。結果、会社に入社してから約1カ月後の2010年5月に、無事Office 2007バージョンのExcelの資格を取得! 実は、自分ではあまり良い出来ではなかったかも・・・と思っていたので、「合格」の文字を見るまではドキドキでした。

取得後のスキルをどのように活かしていますか?

職場では、所属している人事総務部で備品の発注や管理などの庶務業務、請求書の作成・管理などの仕事を担当しています。なかでも請求書は数が多いので、ミスなくかつスピーディーに情報をまとめるため、習得したスキルが役立っています。また、上司からExcelを使った業務内容の指示がぱっとわかって、すぐに反応できるのもこの資格を取得したおかげ。取得前の自分だったら戸惑うことのほうが多かっただろうなと思います。
実際に、会社に入ったらMicrosoft Officeのアプリケーションは日々使うので、頑張って取得しておいて良かったなと実感しています。

【2010年12月掲載】
※掲載内容は2010年10月取材時のものです。

【取得科目:Excel 2007】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら