学生時代に合格

Excelは社会人になるうえでの必須のスキル。
将来、時間当たりの自分のアウトプットを最大化するために資格を取得。

佐藤 大悟さん (23歳)
東京都/慶應義塾大学 総合政策学部・総合政策学科 [大手メーカー内定]

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

私が、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(以下、MOS試験)のExcelの資格を取ろうと思った理由は2つあります。一つ目は、働くうえではExcelのスキルが必ず必要になると考えているからです。二つ目は、卒業制作に役立つと思ったからです。学校では経営学のゼミに所属しているので、財務データの分析やアンケート集計などで各種のデータを扱います。その際、Excelを使いこなせれば効率的に作業が進み、その結果を卒業制作に反映させることができます。そこで、実際に働きはじめる前の、集中して勉強時間のとれる学生時代にスキルを身につけておこうと考え、MOS試験の勉強に取り組みました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

対策テキストでの独学で、取得までの勉強時間は20時間程度です。最初に対策テキストの練習問題を一通りやりました。その後、対策テキストに付属していた模擬問題集をやりました。この模擬問題集を何度も行うことで、Excelの機能を把握できましたし、時間配分も考えられるようになったと思います。そして、最終的にはすべての模擬問題を30分ほどで解けるようになったため、本番では落ち着いて試験を受けることができました。

資格を取得して良かったことは?

今は、卒業制作での統計調査をとる際に役立っています。資格の勉強をしたことで、1)早く、2)正確に、3)見やすい、データやグラフを作ることができるようになりました。もっと付加価値の出せる部分であるアイディアを考えたり、論理的な構成を考える時間にあてることができました。

資格取得で身につけた力の今後の活用方法をお聞かせください

将来的にはファイナンスの仕事に就きたいと考えているので、資格取得で身についたExcelのスキルと学校で勉強した会計の知識を活かせば、企業価値の算定や将来的な資産運用や減価償却の計算などに役立つのではないかと思っています。さらに今後は、社会人になって時間当たりの自分のアウトプットを最大化していくためも、Excel VBAの資格も勉強して、働く前までにパソコンのスキルアップは継続していく予定です。

【2011年1月掲載】
※掲載内容は、2010年12月取材時のものです。

【取得科目:Excel 2007】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら