スキルアップに成功!

自分の本当のスキルを把握するために挑戦。
知らなかったことを学べる喜びとともに、人に教える自信もつきました。

落合 由行さん (37歳)
東京都/食品メーカー勤務

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(以下、MOS試験)の受験のきっかけは、入社以来、ほぼ自己流で使っていたMicrosoft Officeについて、“知らないことが多い!”と気づいたからでした。日頃の仕事で一番使うのはExcelなので、その他部門のスタッフからExcelについて聞かれることも多く、わかる範囲で教えたりしていましたが、自分の知識の確かさや実力をきちんと知っておきたいと考えパソコンスクールに通うことに。そこで、MOS試験を勧められたため資格取得に取り組むことを決めました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

試験対策教材を使って勉強して、わからないことを先生に確認。基本はこの繰り返しで、私の場合は、わからないことをすぐに先生に確認して勉強を進めていけた点が、ストレスのない効果的な学習につながったと感じています。また、受験日が近くなってからは、模擬試験(CD-ROM)を重点的にやりました。それと、通っていたスクール(フォーティネットパソコンスクール)では日頃から課題が出ていたので、それをこなしてきたことも力になったと思います。

資格を取得して良かったことは?

実力の把握に役立ったことに加え、WordとExcelともに、自分の知らないことを学んで使えるようになった喜びがありました。今回の資格取得で、“学ぶことに年齢は関係なく、目標に向かって頑張ることは素晴らしい”と、改めて実感しました。また、人に教える自信もついたので、会社で質問された際には、以前よりもわかりやすく教えることができるようになったのではないかと思っています。

資格取得で身につけた力の活用方法をお聞かせください

日々の業務の販売計画や予算計画、損益計算書などの作成に、Excelの資格で取得したスキルを活用しています。
また、MOS試験で得たスキルは就職に有利になるケースもあると思いますが、裏を返せば、“それだけの能力がある”と採用側は見るわけで、「資格を取ったら終わり!」ではなく、継続してスキルアップを図っていくことが大切だと思いました。私自身、今後はエキスパートレベルの資格取得を目指して、引き続き勉強を続けていくつもりです。

【2011年1月掲載】
※掲載内容は2010年12月取材時のものです。

【取得科目:Word 2003、Excel 2003、PowerPoint 2003】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら