学生時代に合格

就職が決まった先輩から勧められたMOS試験。
マイクロソフト オフィス マスター取得も目指し、就活に備えます!

小泉 康さん (20歳)
神奈川県/ 神奈川大学 2年

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得のきっかけは?

2011年から就職活動をはじめる予定なので、「就活の前に、何か資格を取っておきたい」と思い、すでに就職が決まっている先輩に相談してみました。すると、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(以下、MOS試験)は、実用的な資格で単なる知識習得に終わらないし、履歴書に堂々と書ける資格だよ」というアドバイスをもらったため、「それなら私も取得しよう!」と考えMOS試験のための勉強をはじめることにしました。

取得までの学習方法は?

公認コースウェア(試験対策教材)を用いた独学です。取得目標にした資格は、授業の発表や社会人になってもプレゼンなどで使うPowerPoint (Office 2003バージョン)で、対策テキストで約1カ月間、毎日2時間ほど勉強しました。この資格は、勉強したことを実際に使う場面にすぐに活かせるので、実力アップを日々実感することができ、毎日楽しみながら勉強を進めていくことができました。そのせいか、一度目の受験で9割以上の正解率で合格!
これが自信となって、その後続けてWord とExcel (いずれもOffice 2007バージョン)にも挑戦し、無事合格しました。

資格取得で身につけた力の今後の活用方法をお聞かせください

資格取得後は、今まで知らなかった機能を効果的に使うことができるようになり、学校の発表やレポート作成などにとても役立っています。今回、MOS試験を取得してみて、“さまざまな機能を、自在に使えるのと使えないのとでは大きな差がある”とひしひし感じました。
今後の目標としては、Word、Excelに続き、Office 2007バージョンのPowerPointとAccessの資格も取得して、マイクロソフト オフィス マスターになること。しっかり学んで就職活動に備えたいと思っています。

【2011年2月掲載】
※掲載内容は、2010年12月取材時のものです。

【取得科目:Word 2007、Excel 2007、PowerPoint 2003】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら