学生時代に合格

取得後は、自分の思い通りに資料作成ができ、自信につながりました。
身につけたスキルは、社会に出てからも役立つと思います。

川合 裕太さん (21歳) 【世界学生大会2011 PowerPoint 2007部門 第11位】
静岡県/静岡大学 情報学部 情報社会学科 3年

マイクロソフト オフィス スペシャリストを取ろうと思った理由・目的は何ですか?

大学に入学するまでは、インターネットを使用するのが精一杯で、ワードやエクセルといったアプリケーションソフトは全く使えない状態でした。しかし大学の授業の中で統計の分析、レポート課題、プレゼンのスライド作成に取り組む中で、必然的にワード、エクセル、パワーポイントを使用するようになりました。そこで、より完成度の高い資料を作成できるようになるために、また、大学生活をより有意義に過ごすために、MOS試験の取得を目指しました。

取り組んだ学習方法を教えてください

市販の対策テキストを購入し、独学で、何度も繰り返し問題に取り組みました。私の場合、パソコンに関しては一からの勉強だったので、テキストに記載されている内容を完璧に理解し、操作もできるようにするために、繰り返し学習をすることを心がけました。おかげで、試験には万全の準備と自信を持って受験をすることができました。

資格を取って良かったことは何ですか?

MOS試験を取得したことで、自信をもって資料を作成することができるようになりました。メニューバーのタブにある機能の役割を理解することができたので、自分の考えていることを思い通りに表現して課題作成ができるようになったのも、MOS試験のおかげだと感じています。また、MOS学生世界大会という大きな舞台にパワーポイントの日本代表として出場できたことも貴重な経験でした。

資格取得で身につけた力の今後の活用方法をお聞かせください

今後はさらに大学での課題作成に役立てていきたいと思います。パソコンを使った資料作成は大学では必須だと思いますし、卒業して社会に出てからも同じことが言えると思います。誰にでも読みやすい資料、配布資料として誰もが活用しやすい資料を作成できるように、今後もテキストを参考にして勉強に取り組んでいきたいと思います。

【2011年9月掲載】
※ 掲載内容は2011年9月取材時のものです。

【取得科目:Word 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら