学生時代に合格

税務署のアルバイト面接で、MOS試験を取得していたことが
評価され採用が決定。仕事もスムーズにこなすことができました。

松口 光さん (20歳)
東京都/ 法政大学 文学部日本文学科 3年


マイクロソフト オフィス スペシャリストを取ろうと思った理由・目的は何ですか?

高校3年生の時の授業で担任の先生から「時間のある大学生のうちにMOS試験を取っておけば、将来就職した際に仕事で役に立つ」と説明を受けました。それまでは就職について深く考えてはいなかったのですが、世間が就職難であることはニュースなどで知っていたので、内定への足がかりになるものがほしいと思い、MOS試験の取得を決意しました。
資格取得に向け学習を始めるからには、ワード、エクセル、パワーポイントなどのオフィス製品を総合的に使いこなせるようになりたいと思い「マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター」を目指すことにしました。

取り組んだ学習方法を教えてください

MOS試験の対策テキストを購入し、独学で学習しました。毎日テキストをコツコツと進めていきました。
対策テキストには、実際の操作画面の画像や解説文が細かく付いているので、一人でも安心して学習することができました。また、模擬問題をダウンロードできるので、テキストの学習だけでも十分な試験対策ができ、安心して試験に臨むことができました。

資格を取って良かったことは何ですか?

税務署のアルバイトに申し込んだ際、履歴書に書いてアピールすることができました。面接で評価され採用が決まりました。主な仕事内容は、紙資料の情報をエクセルに落とし込みデータ化する作業だったのですが、MOS試験でスキルを磨いたおかげで、他のアルバイトの人たちより早く指示を理解し、すばやく仕事をこなすことができました。

さらに、大学のレポート作成でもワードの機能を理解していたので、作業時間が大幅に短縮でき、よりきれいなレポートを作成できるようになりました。発表のレジュメを作った際にも、読みやすいと教授から評価していただきました。

資格取得で身につけた力の今後の活用方法をお聞かせください

現在、大学3年生ということもあり、就職について考えている真っ最中です。IT系の仕事に限らず、どんな職種を選んでも、パソコンのスキルは必要だと思います。今後は就職活動で活用していきたいと思っています。また、来年からは卒業論文の作成もあるので、大学生活でも役立てていきたいです。

【2012年9月掲載】
※ 掲載内容は2012年9月取材時のものです。

【取得した科目】Word 2007、Excel 2007、Word 2007エキスパート、Excel 2007エキスパート、
PowerPoint 2007、Outlook 2007、Microsoft Office Master(2007)

科目名 詳細説明 対策教材/その他
マイクロソフト オフィス マスターについて 詳細説明
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら