学生時代に合格

自分のExcel&Wordスキルを客観視するためMOSを取得。
実力の確かさを確認でき、人に教える自信もつきました。

加藤 弘晃さん(20歳)【学生大会 2016 入賞】
京都府 / 立命館大学 産業社会学部 現代社会学科 2年

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

日頃から、文書作成や計算などでWordとExcelを使っているため、ある程度の操作はできると思っていましたが、いまひとつ、自分のスキルに確かな自信を持てないでいました。そこで、“自分の実力を測るため、パソコンスキルに関連する資格を取得してみよう!”と考え、いろいろと調べた結果、MOSがいまの自分にもっとも合っていると思い受験することにしました。

取得のための学習方法を教えてください

資格の対策テキストを購入して、家のパソコンでひたすら問題を解きました。そして、そのときに留意したのが、すでにわかっている操作であっても一つひとつ丁寧に解くように心がけたことです。さらに、テキストで学んださまざまな機能を、大学の課題や委員会の仕事などの機会にできるだけ使うようにして、可能な限り実生活で活かすよう意識して過ごしました。

資格を取って良かったことは何ですか?

現在、大学で「情報リテラシー」という授業の補助を担当していて、Word、Excel、PowerPointの操作に関する学生の質問に答えています。そこでは、MOS取得のために取り組んだ勉強が役に立っていますし、同時に、“人に教えることができる”、という自信もつきました。

また、将来どのような職に就くとしても、WordやExcelのスキルは求められると思います。そのなかで、MOSを取得しているというのは強力な自己アピールになり、さらに仕事をする際の自信にもつながると思います。
これからもパソコンのスキルアップを続け、PowerPointやVBAエキスパートなどのその他の資格取得にも挑戦していきたいです。

【2016年10月掲載】
※ 掲載内容は2016年9月取材時のものです。

【取得した科目】
Word 2013エキスパートPart1、Part2、Excel 2013 エキスパートPart1、Part2

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら