学生時代に合格

短期集中学習で、MOS 2013のマスターに!
就職面接でも好評価を得られ、自信にもつながりました。

駒沢 遥さん(20歳)【世界学生大会 2016 入賞】
北海道 / 北海道情報専門学校 ビジネス科 2年

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

きっかけは先生の勧めで、MOSを取得してスキルアップにつなげて就職に役立てようと思い、取り組みました。そして、1カ月でWord、PowerPoint、Excelの3つを集中的に勉強することを決め、やるからには1,000点満点を目指し、クラスで最初にMaster(マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター)になることを目標に頑張りました。

取得のための学習方法を教えてください

対策テキストを使った独学です。1回目は、答えを見ながら一つひとつ丁寧に問題を解きました。そしてその次に、答えは見ないで1日3時間を基準に対策テキストをやり続け、間違えたらはじめからやり直して、満点をとるまで何度も問題を解きました。また、時間をかけられる休日は朝から勉強して、少し時間を置いてからまた取り組むことで、記憶の定着を図る工夫をしました。

資格を取って良かったことは何ですか?

各アプリについて、以前は学校の授業範囲の知識しかありませんでしたが、資格を取得したことで、より一層詳しい知識を身につけることができました。その結果、パソコンのスキルに自信が持て、人に教えることにもためらいがなくなりました。また、2カ月という短い期間でMasterになったことが就職活動の面接で話題になって、取り組む姿勢や継続力を評価してもらえました。

取得したスキルの活用方法をお聞かせください

いまは、スケジュールの作成や家計簿、ちょっとしたアイデアをかたちにするときなどの日常シーンで役立てています。今後は、業務効率を図るために、内容の“見える化”が達成できる書類作成にスキルを活かしていければと考えています。なかでも特にやってみたいのが、作業が効率的に行えるフォーマット作りによる「書類の一元化」です。

【2016年11月掲載】
※ 掲載内容は2016年9月取材時のものです。

【取得した科目】
PowerPoint 2013、Word 2013 エキスパート、Excel 2013 エキスパート

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら