スキルアップに成功!

3カ月半の船旅中に、MOS取得講座を受講。
スキルアップにつながる資格を取得でき一石二鳥でした!

吉田 真裕子さん(31歳)
宮城県 / 転職活動中

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

仕事を辞め、次に向かうための充電期間として、今年の5月に3カ月半の「地球一周の船旅」に出ました。船上でMOSの対策講座が開催されることを聞き、「船旅中に次のキャリアに役立つ履歴書に書ける資格が取れるなら、この機会に取ってステップアップしておこう」と考え、講座に申込みMOS取得を目指すことにしました。

資格取得に向けて勉強して良かったことは何ですか?

自分の知らなかった機能がたくさんあったことを知り、その機能を使いこなせるようになったことです。
前職(建設業)の業務では、ExcelもWordも多用していてそれなりに使えたことから、“資格も簡単に取れるだろう”と思っていました。講座も、最初の頃は基本的なことが中心で、さほど難しくなかったのですが、授業が進んでいくうちに、使ったことのない機能や、存在すら知らなかったさまざまな機能に直面することに。そこではじめて、ExcelやWordができると思っていたのは自分の思い違いだったことに気づいたんです。

今回、覚えて良かった機能とは?

Excelなら、「表の列行をボタン一つで変えられる」「数式を簡単に作成できる」機能です。加えて、「スパークラインの作成」は、一目瞭然の視覚表現が簡単にできて、目から鱗でした。また、Wordで言うと、「ページ罫線を設定して装飾できる」と、以前の職場でも多くの人が悩んでいた「文章の頭を揃える」機能です。それと今回、「差し込み印刷」のやり方を覚えられたのが最も良かったです。

MOS取得後の感想ををお聞かせください

本番試験では、講座で勉強したことを存分に発揮して、無事Excel 2010とWord 2010のMOSを取得しました。今さらながら、このスキルを大学時代に身につけていれば論文も効率良く作成できたでしょうし、社会人2年目くらいまでに、今回習った機能を知っていれば、仕事のスピードも上がり時間をもっと有効に使えたはず!と、心から思えたので、もっと早くにやっておけば良かったなというのが正直な気持ちです。
とは言え、今後どんな仕事に就くにしても、今回勉強して培ったスキルはプラスになって活かせると思いますし、ExcelやWordを使えると思っている人でも、学習することで必ずや新たな発見があると思います。何よりも、できるようになれたことが実感できる資格なので、私と同じように「仕事を辞めて再就職予定」という人に、ぜひ挑戦してみてほしいと思います。

【2016年8月掲載】
※ 掲載内容は2016年8月取材時のものです。

吉田さん(左)と講師の上田さん
吉田さん(左)と講師の上田さん

■「地球一周の船旅」中にMOSを取得
2016年4月12日(火)~7月27日(水)までの船旅の期間中(106日間)、船上で特別に「MOS対策講座&試験」を開催・実施。
講師には、パソコンスクール「システムプラザ ソフィア」代表の上田 朋子さん)が乗船。WordとExcelの講座を行いました。

【取得した科目】
Word 2010、Excel 2010

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら