スキルアップに成功!

自分のスキルレベルを把握するためにMOSを取得。
スキルを活かし、より仕事で頼られるよう頑張りたいです!

江上 馨子さん(28歳)
福岡県 / 福岡大学病院 事務職

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

小さい時からパソコンを触ることが好きだったので、学生の頃からずっとMOSを取得したいと思っていました。ただ、受験料が手軽に受けられるものではなかったこともあり、当時は受験に踏み出せずにいました。社会人になってからも、なかなか受験のきっかけがつくれなかったのですが、先日、友人から「MOSのWordを取得した!」という話を聞き、私も、“今、自分がどれくらいMicrosoftのOfficeアプリケーションが使えるのか”を知りたくなり、MOSの取得を決断しました。

取得のための学習方法を教えてください

対策教材を使った独学です。まずは、対策テキストでWordとExcelをそれぞれ1カ月ほど勉強。そして、2科目を同時に受験して合格したその日にPowerPointの対策テキストを購入して、また1カ月ほど勉強しました。3科目とも、対策テキストには練習問題と模擬試験が付いていたので、練習問題を一通り解いた後に模試試験を何度も解くようにしました。最初は、時間配分がうまくいかず、模擬試験の規定時間内に全問を解き終えられなくて合格できるか不安でしたが、繰り返していくうちに時間配分も正答率も上がっていきました。

資格を取って良かったことは何ですか?

自分が、Word、Excel、PowerPointのどこが得意でどこが苦手なのかがわかったことです。また、学生時代の授業で習わなかったことも、資格の勉強を通じてできるようになり、各アプリケーションの使える幅が広がった点も良かったと思っています。このスキルを活かし、見栄えの良い資料やプレゼンテーションを短時間で作れるようになって、上司や先輩方に信頼してもらえるよう頑張りたいと思っています。さらに今後は、MOS 2016のマスター取得を目標に勉強を続けていきます。

【2018年3月掲載】
※ 掲載内容は2018年3月取材時のものです。

【取得した科目】
Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら