トップ > 企業・教育機関の皆さまへ > 活用事例 > Microsoft Office Specialist 推奨コメント

活用事例

「未来の自信」につながる実践的なIT資格、Microsoft Office Specialist。 就職対策として、IT教育の一環として、また生涯学習のカリキュラムとして、全国の教育機関でさまざまなスタイルでご活用いただいています。
Microsoft Office Specialistを導入・活用されている教育機関の皆さまからの推奨コメントをご紹介します。

Microsoft Office Specialist 推奨コメント -全国の各教育機関より-

関西大学エクステンション・リードセンター関西大学

関西大学では、学部教育の補完を目的とした『エクステンション・リードセンター』(1997年開設)で各種資格取得を支援しています。全15講座のうち、“情報処理関係の資格は現代社会に必須”と考え、開設当初より8コースを設置。

なかでも『マイクロソフト オフィス スペシャリスト』コースは人気が高く、毎年170名を超える受講者がいます。当センターでは受講最終日に試験を実施していますが、「“資格”というカタチとなって学習成果がわかるので嬉しいです!」と、合格の喜びをわかちあえる点もいいですね。

※掲載内容は2005年11月取材時のものです。

関西大学ホームページ

甲南女子大学資格サポートセンター 甲南女子大学

甲南女子大学では、「探検コンピュータ」という必須科目(1年次)があります。そのなかで、学生から「せっかくなら資格取得を!」という声があがったことから『マイクロソフト オフィス スペシャリスト』を2004年より推奨。

当センターでの、この資格のクラスは大変好評で、“取得”を卒業までの目標に据える学生も増えるなど、「目標に向かって努力することの大切さ」を学べる良い機会にもなっています。また、慣れた環境で受験できることは、学生にとって安心感につながっているようです。

※掲載内容は2005年11月取材時のものです。

甲南女子大学ホームページ

東京農業大学コンピュータセンター 【試験会場登録校】東京農業大学

東京農業大学では、毎年、夏期休業期間中に専門の講師を招いてWord、Excel、PowerPointの対策講座(各5日間)を開催。パソコンの利用能力を客観的にアピールできる点に魅力を感じるようで、特に就職活動を前にした学生に人気がありますね。講座最終日には、習得度の確認のため学内で試験を実施。夏休みという、時間に余裕のある時期を有効に活用したいという学生から、毎回定員を超える申込みがあります。

※掲載内容は2005年11月取材時のものです。

東京農業大学ホームページ

法政大学エクステンション・カレッジ

いまや、学生にとってパソコンのスキルはレポート作成や研究等で必須。その対応として、法政大学ではWordとExcelの基礎講座を開講しています。さらに2004年度からは、「資格が技能の証明となる」との観点から同講座を発展させた「試験対策講座」も開講。アプリケーションの操作スキルを体系的に学べる『マイクロソフト オフィス スペシャリスト』への挑戦は、学生にとって格好のスキルアップの機会。非常に有益な資格として推奨しています。

※掲載内容は2005年11月取材時のものです。

法政大学ホームページ

(順:五十音順)

一覧にもどる
【試験会場登録校について】

「試験会場登録校」とは、「試験会場登録」を行うことによって自校での受験が可能となっている教育機関です。「試験会場登録校」になると、アカデミックプライスが適用されるなど、さまざまなサービスをご利用いただけます。

試験会場になるには