トップ > MOS世界学生大会 > MOS世界学生大会 2008

世界学生大会 2008

2008年7月31日(現地時間)、Microsoft Office製品のWord、Excelの利用スキルの世界チャンピオンを競う、「Microsoft Office 世界学生大会 2008」決勝戦が、米国ハワイ島のホテル『Hilton Waikoloa Village』で開催されました。

本年度の大会には、世界の47の国と地域から43,748名のエントリーがあり、ハワイ島での決勝戦には、20の国と地域から44名が参加。日本からは、Word部門の代表として井原侑子さん(お茶の水スクール・オブ・ビジネス)と、Excel部門代表として藤本愛美さん(穴吹動物専門学校)が決勝戦に臨みました。

2008 年度 世界チャンピオン


世界チャンピオンと入賞者の記念ショット。優勝トロフィーを持った女性がExcelチャンピオン(右から2人目)。左から2人目の男性が16歳のWordチャンピオン。
Word 部門
Chawanat Nakasan さん(16歳・高校生・タイ)
Excel 部門
Penporn Koanantakool さん(20歳・大学生・タイ)

今年は、Word部門、Excel部門ともに、タイの学生が世界チャンピオンの栄光に輝きました。この試験は、タイ語では実施されていないため、上記2人のチャンピオンは決勝戦でも英語版での試験にチャレンジした結果の優勝です。

8月3日の夜に催された表彰式と祝賀パーティーでは、「Microsoft Office 世界学生大会 2008」の世界チャンピオンと2位と3位の入賞者の結果発表が行われ、世界チャンピオンには、6500米ドル相当の賞品(ノート型パソコン、Microsoft MP3 Player、Microsoft Xbox 360、Microsoft Learningの学習教材等)が贈呈されました。

世界学生大会を終えて

日本代表の井原さんと藤本さんは、残念ながら入賞できませんでしたが、食事や自由時間などの機会に、日本から持参したお土産(お箸や日本のお菓子など)を交換するなどして、各国の学生たちとコミュニケーションを図りました。以下に、「Microsoft Office 世界学生大会 2008」に参加した日本代表からのコメントおよび、各国の代表と交流を深めた現地での様子を紹介します。

井原侑子さん(18歳) [Word部門代表]
最初は、「私が日本代表でよいのか?」という戸惑いがありましたが、決勝戦にそなえてしっかり勉強して参加しました。しかし、試験は思っていたよりも難しく、自分自身、終了後の手ごたえがなく、悔しかったです。Wordというソフトウェアが、こんなに奥深いとは思いもしませんでした。これを機会に、今後はもっと完璧に扱えるようになりたいと強く感じました。
また、大会では各国の学生と交流する機会も多く、英語がうまく話せないので最初は困惑しましたが、徐々に打ち解け、最終日にはみんなで笑い合えるまでになりました。今回は、さまざまな国の学生と触れ合えたことも貴重な機会となりました。ありがとうございました。
藤本 愛美 さん(19歳) [Excel部門代表]
日本代表に選ばれたときは驚きばかりで、「本当に自分が選ばれたのか」ということすら不安でした。しかし、現地に行ってほかの国の学生と触れ合ううちに、自分が日本代表になったことを改めて実感しました。
本番の試験はとても緊張しましたが、各国の学生の取り組む姿勢は真剣そのもので、そうした周りの雰囲気はとても良い刺激になりました。
また、滞在中はいろいろな国の学生と話す機会も多く、私自身、英語は少ししか話せないのですが、自分の視野も広がり良い経験になりました。
この経験を、今後の就職活動やプライベートに活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

写真左から:ウエルカム・ディナーの前に各国の学生たちと。弊社代表と同行スタッフと。カナダから参加したディストリビュータのスタッフと。祝賀パーティーの後に、参加した学生たちと。

日本大会レポート


日本代表の井原さん(左)と、藤本さん

2008年5月末、『Microsoft Office 世界学生大会 2008』に参加する日本代表の2名が決定しました。

Word 部門 日本代表
井原 侑子 さん(18歳・お茶の水スクール・オブ・ビジネス)
Excel 部門 日本代表
藤本 愛美 さん(19歳・穴吹動物専門学校)

本年度の『Microsoft Office 世界学生大会 2008』は、世界47の国と地域から43,748 名の学生が参加。また、日本でのエントリー数は、昨年度よりも700名ほど多い約4,700名となり、井原さんと藤本さんは、これらの多数の学生のなかから、得点数と試験時間の両面から、最も優れた結果となった最優秀者として日本代表に選ばれました。日本代表の2人は、2008年7月31日~8月2日(現地時間)の期間内に行われるアメリカ(ハワイ州:ハワイ島)での決勝戦に、WordとExcelの世界チャンピオンを目指して出場します。また、日本代表の2名を含むWord、Excel部門の、2008年度の上位10名も、併せて決定しました。

上記の日本代表決定に伴い、6月22日(日)、アメリカでの決勝戦に挑戦する日本代表を称える表彰式を実施。当日は、表彰状とともに、副賞として決勝大会への航空券を進呈しました。

以下に、決勝戦に向けた日本代表の決意表明コメントを含めた当日の模様をご紹介します。


写真上:弊社代表:出張勝也とともに。
写真下:受賞者2人とマイクロソフト 株式会社マイクロソフトラーニング部の篠木隆一郎様(左)、石塚圭介様(右)
井原 侑子 さん
学校からの勧めによって、Wordの資格試験の受験と併せて今回の大会にエントリーしたのですが、自分が選ばれたことに、とてもビックリしています。受験のときは、「不合格にならないように・・・」という気持ちで臨みましたが、決勝戦では、日本代表の名に恥じないよう、精一杯、頑張ってきます!
藤本 愛美 さん
日本代表になったという連絡をもらった瞬間は、「まさか自分が!」と、信じられませんでした。受験のときは、ただただ夢中で取り組み、気づいたら意外に早く終了していて結果は満点。学校の友達も応援してくれているので、決勝戦でも受験時と同様の実力を発揮できるよう、頑張りたいと思います!

各部門の受賞者

一覧にもどる