頑張る!中高年

定年後のライフスタイルを予想してパソコンの勉強をはじめて11年。
資格も取得し、思い通りの人生を満喫中。

佐藤 政志さん (63歳)
奈良県北葛城郡広陵町 / シルバー人材センター内 パソコン講師

マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格取得のきっかけは?

1997年の52歳のとき、定年後のライフスタイルを考え、“これからはパソコンの知識があれば、ボランティアで人に教えることもできるし、人間関係も広がるだろう”と、パソコンの勉強をはじめました。そして60歳の定年を機に、町営の『シルバー人材センター』に登録したところ、登録から約2年を経た2007年に、同センター内で、町内住民のパソコンのトラブルを解決する『パソコン応援団』が発足し、私に声がかかりました。さらに、同年の11月には、なんと私がリーダーとして『パソコン教室』を任されることに。教室は好評でしたが、人に教えるというのは想像以上に大変なこともあり、「もっとOfficeアプリケーションの勉強をしたい!」思うようになりました。そんな折、知人に勧められて受験したのがマイクロソフト オフィス スペシャリストです。

取得後の感想をお聞かせください。

体系的に勉強した甲斐もあって、アプリケーションに関する詳細な知識を得ることができました。また、資格取得によって、講師としての「強み」が増したことはもちろん、以前より人に教えられる内容が増え、自分により自信が持てるようになりました。仕事以外でも、家計簿や健康管理のためにWordとExcel を毎日活用しており、そのほかにも、友人からOfficeに関する相談を受けたり、84歳になる叔母にMicrosoftのリモートアシスタンスを使って Wordを初歩から教えたりと、人に頼られることも多いです。まさに、52歳の自分が描いた充実した人生を歩んでいます。

これからの意気込みをお聞かせください。

63歳で取得したマイクロソフト オフィス スペシャリストですが、“我ながらよくやった”と自負しています。人間とは年齢に関係なく、その気になって勉強すればできるんだということを、この資格取得を通して学びました。頭はパソコン、体は卓球で鍛え、「今度は、次のステップへチャレンジ!」と気合を入れつつ、これからも可能性のある限り、何にでも挑戦していきたいと考えています。

【2008年10月掲載】
※掲載内容は2008年8月取材時のものです。

【取得科目:Excel 2003】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら