スキルアップに成功!

営業の即戦力となるためにパソコンスキルを習得。
学生のうちに資格をとっておいて正解でした。

華山 聖二さん (27歳)
東京都 / サイボウズ株式会社 カスタマー本部 お客様相談センター

マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格取得のきっかけは?

大学は国際貿易学専攻で文系だったこともあり、ITにはあまり馴染みがありませんでした。ですが、就職先には営業職を志望していたので、パソコンスキル、特にPowerPointはお客様への提案書作りには不可欠だろうと考え、在学中に取得することを決意。学業とパソコンの勉強という二足のわらじで努力した甲斐あってか、大学4年生のときにOffice 2003バージョンのWord、Excel、PowerPointの3科目に一回で合格できました。Accessに関しては、入社1年目に挑戦して取得しました。

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

就職活動中は大学と両立しながら、パソコンと英会話のコースがある専門学校に通いました。そして、“まずは、カタチに残る資格取得から”と、パソコンの勉強を最優先に。週3、4日はスクールに通って、時間が取れる土日も勉強に費やしました。
WordとExcelは、対策教材を見た印象で、おおよその習得レベルがつかめましたが、触ったことすらないPowerPointは未知の世界。しかし、次第にアニメーション機能などを使った多彩な見せ方があることがわかっていき、勉強は面白かったです。また、Accessは難しくて最初は苦戦しましたが、ある程度Excelを使いこなせるようになっていたので、独学で頑張りました。

職場でのスキルの活用法をお聞かせください。

現在は、カスタマー本部に所属し、お客様からの問い合せ対応に加え、ダイレクトに届く声やご要望から、マーケットニーズを捉えた各種提案を行っています。提案策定には、複数のデータの共通項から傾向を把握するなどのデータ分析が基本になるので、Accessのスキルが役立っています。また、お客様に弊社の商品やサービスのイメージを伝えるための資料作成には、PowerPointが必須。パッと見てメリットや要点のわかる資料が契機となって商談が進んだケースもありました。もちろん、Excelは売上集計や統計グラフに、Wordはお客様向けの案内状にと、身につけたスキルはフル活用です。資格を持っていなかったら、仕事のスピードも全然違っていたと思いますし、入社前にスキルを習得しておいて正解だったと思っています。

【2009年10月掲載】
※掲載内容は、『Odyssey Magazine Vol.12 』(2009年9月発行)掲載内容の要約です。

【取得科目:Word 2003、Excel 2003、PowerPoint 2003、Access 2003】
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと、苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら