就職・転職に活用

心機一転してオフィス マスター取得を決意
“達人”という称号を得た誇らしさが、より一層の学習意欲に

野原 陽介さん (34歳)
埼玉県 / 製造業関連 勤務

マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得理由は?

以前に、市役所で臨時職員として働いていたときは、文化財(古文書)のリスト作成のためにエクセルを使っていましたが、基本的な操作ができる程度で、詳しい機能はほとんど知らなかったため、パソコンに自信がありませんでした。それでも周りから「パソコンができない」と思われたくなくて、卑怯にも “できる”という雰囲気を出しつつパソコン業務をなるべく避けてきました。しかし、ずっとそうしているわけにもいかず、“人間、やってできないことはないのでは?”と自分を奮い立たせ、心機一転してマイクロソフト オフィス スペシャリスト マスターを目指すことを決意しました。

取得のための学習方法を教えてください

対策テキストを使って独学で勉強しました。最初に問題集を一通りやって、その後は付属されていたCD-ROMの模擬テストを繰り返し行いました。どんなに疲れていても1日1回は模擬テストに取り組み、試験の数日前は1日2、3時間はやりました。最初は難解な部分もありましたが、繰り返し取り組んだ結果、いつの間にか理解できるようになっていました。また、“こんな問題が出るのでは?”と、自分で予想問題を作って解いたりもしました。実際に、試験で同じような問題が出たのですが、このときは嬉しかったですね。
こうした勉強の甲斐もあってか、今回の試験勉強ではじめて操作したアクセスは満点で合格することができ、その他の科目もすべて900点台で合格しました。

資格を取って良かったことは何ですか?

現在の職場では、製品番号を管理するためにエクセルを、また、既存の作業指示書をわかりやすく書き換えるときにワードを使っています。資格取得によって習得したスキルを仕事に活かせていることはもとより、パソコンに対する苦手意識がなくなり、「自分でも、やればできるんだ」という自信が持てた点が何よりも良かったと思っています。
“マスター”という称号は、日本語にすると“達人”という意味。いまは、その称号を持てた自身を誇らしく思えることがとても嬉しいですし、この気持ちをより一層の自信に変え、さらに上級のパソコン資格にもチャレンジしていきたいです。

【2013年3月掲載】
※掲載内容は2013年1月取材時のものです。

【取得科目:Word 2010 Expert、Excel 2010 Expert、PowerPoint 2010、Access 2010】

科目名 詳細説明 対策教材/その他
Word 2010 エキスパート(上級) 試験詳細 対策教材
Excel 2010 エキスパート(上級) 試験詳細 対策教材
PowerPoint 2010 試験詳細 対策教材
Access 2010 試験詳細 対策教材
マイクロソフト オフィス マスターについて 詳細説明
一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら