学生時代に合格

就活前に、使う機会のなかったExcelを取得。
実務で活かせるよう、さらなるスキルアップを目指します!

伊藤 柊子さん (22歳)【世界学生大会 2016 入賞】
宮城県 / 東北大学 文学部人文社会学科 4年

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

高校と大学で使う機会の多かったWordとPowerPointは、それなりには使えるのですが、Excelだけはまったく使えませんでした。そのことが気になりつつも、なかなか取り組む機会が持てずにいました。そんな折、MOSという資格があることを知り、Excelを使えるようになるための勉強だけでなく、“就職活動のアピールポイントにもなる”ということから、就活前の資格取得を目指しました。

取得のための学習方法を教えてください

対策テキストを使って、1回30分、週3回程度と決めて少しずつ進めました。学業が忙しい時期は少し勉強を中断しましたが、本番試験の3週間ほど前からペースを上げてなんとか1冊を終わらせました。試験直前の3日間は、テキストに付属されている模擬試験(CD-ROM)を3回分こなして、わからないところの穴を埋めながら、パソコン上で解答するMOSの試験形式に慣れるようにしました。

資格取得で身につけたスキルを、どのように活用していますか?

これまでほとんど使ってこなかったExcelですが、MOSを取得してからは、卒業論文に必要なデータの収集・分析をはじめ、インターンシップやアルバイト先でもExcelスキルはフル活用で、今では最も使うOfficeアプリです。使えるようになったことで、知らない機能がまだまだあることがわかったので、次の目標としてエキスパート レベル(上級)の取得も検討中です。また、さらなる作業効率の向上のためマクロの勉強もはじめました。

来年から社会人として働きますが、それまでにExcelが実務レベルで使えるよう、これからもスキルアップを目指していきます。

【2016年12月掲載】
※ 掲載内容は2016年9月取材時のものです。

【取得した科目】
Excel 2013

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら