スキルアップに成功!

仕事でのExcel活用力を高めるためにMOSを取得
MOSマスターを目指し、社内の業務効率アップにも活かしたいです!

和田 優さん(32歳)
岩手県 / 株式会社ヴィクトリア ネクサスカンパニー 店舗勤務

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

スポーツ用品の仕入れ管理などを行う商品部に配属になり、Excelを使う仕事が多くなったため、上司に教わって独学でExcelを使っていました。業務をこなすうちに操作にはだいぶ慣れましたが、独学だけでは不安な部分もあり、基本操作から応用までしっかり勉強したいと考えWeb検索したところ、「ユーキャンの資格一覧」でMOSのことを初めて知りました。
そして、Excelの機能の知識や操作スキルを拡げるだけでなく、Officeアプリケーションのすべての機能を使いこなせるようになりたいと考え、マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスターを目指すことを決意。2015年にExcelのスペシャリストを取得していたので、今回エキスパートレベルに取り組みました。

取得のための学習方法を教えてください

これまで知らなかったExcelの機能を使いこなせるようになったことです。日頃、使うことのなかった、「シナリオ」「マクロ」「近似曲線」などを学ぶことができましたし、さらに関数では、財務関数や文字列操作関数などを数式バーに直接入力して扱えるようになりました。

習得したスキルの活かし方は?

仕事では、売上分析をはじめ、資料作成や報告業務などでも活用しています。多様な数字が並ぶ膨大な生データを加工して資料を整えなければいけないことも多く、また、フォーマットが統一されていない帳票類もピボットテーブルや関数などの機能を駆使して効率的に業務を進めています。その他、画像編集機能を使ってPOP(店内広告)なども作成しています。
プライベートでは、収支管理(家計簿)や、趣味でやっている草野球のシーズンごとのチーム・個人成績をExcelで管理しています。あと、最近は結婚式で幹事を頼まれることも多く、出欠名簿や会費管理などにもExcelを活用しています。

今後の目標についてお聞かせください

目標は、マスター取得です。今はまだ、社内にOfficeマスター認定者がいないので、まずは自身がマスターになれるよう勉強を続けているところです。そして、そこで培ったスキルを数表作成や営業数値分析などに役立てると同時に、ゆくゆくは、業務効率化のための社員向けのExcel操作のアドバイス・指導なども行えるようになりたいと考えています。

【2017年11月掲載】
※ 掲載内容は2017年10月取材時のものです。

【取得した科目】
Excel 2010、Word 2010 Expert、Excel 2010 Expert

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら