頑張る!中高年

古稀を超えてからの猛勉強で、MOS 2013のマスターを取得。
客観的な認定が、自信と次のチャレンジ意欲につながっています。

五十嵐 暁さん (71歳)
東京都 / 地域ボランティア(パソコン教室)活動

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

某大手IT企業の海外子会社での代表を最後に現役引退後、その他機関で貿易振興関連の仕事を5年ほどしましたが、その際にパソコンで事務効率化を図るためのオフィスアプリの活用法を学び実務で実践しました。その後完全にフリーとなった現在は、地域ボランティア(パソコン教室)で、PCインストラクターとしてパソコン技術を教える活動をしています。この活動を行うにあたり、正確な知識に立って自信をもって指導にあたりたいと考え、マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター (以下、マスター) の取得を目標にMOSの資格に取り組むことにしました。

取得のための学習方法を教えてください

私は今回、MOS 2013のExcelコースでマスターを取得しましたが、4科目ともすべて独学です。 受験対策としては、まずは自分のこれまでの知識の総復習を行い、そのうえで市販の対策教材を使って初めから最後まで何度も繰り返して学習しました。勉強を進めるなかで出てきた疑問点は参考書等で確認し、その後は模擬テストの繰り返し練習を実施。また、対策教材と併せ、インターネット上の情報も取り入れながら知識を深めていきました。

資格を取って良かったことは何ですか?

古希を超えてからのチャレンジでしたが、約5カ月間の猛勉強で、晴れてマスターにも認定され、はるか昔の学生時代の受験勉強を思い出しつつ、大いなる脳トレになりました。

前職では、Excel/Word/PowerPointは日常的に使っていましたし、正確さ&迅速性のある自動化システムをExcelで独自に作ったりもしていたので知識面での自信はありましたが、指導する立場になった際、教えるということに対する不確定さは否めませんでした。しかしそれが、“資格取得”という客観的な認定を得られたことで、自信をもってボランティア活動に従事できていますし、努力が報いられことを誇りに思っています。

今後の目標についてお聞かせください

今回のマスター取得で培ったスキルを、実務で活かせるチャンスがあれば、ぜひチャレンジしてみたいですね。そのためには、VBAやSQLなどの知識や利用能力も必要になるでしょうから、ボランティア活動を行いつつ、新しい領域にもトライを続け、さらなるスキルアップを図っていきたいと思います。

【2017年1月掲載】
※掲載内容は2016年12月取材時のものです。

【取得した科目】
MOS 2013 Master (Excel 2013 Expert、Word 2013、Access 2013 )

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら