スキルアップに成功!

転職のアピールに有効だと考えマスターを取得。
合格を重ねるごとに自信を深めることができました。

大室 正治さん (36歳)
埼玉県 / 日本郵便株式会社 川越西郵便局

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

現在は日本郵便で期間雇用社員として働いていますが、今後の転職のことも考え、「どこの会社に行っても業務に必要とされるパソコンスキルが身につく」「転職時のアピールにも有効だろう」という2つの観点から、MOSの習得を決めました。

取得のための学習方法を教えてください

パソコンスクールを利用しました。勉強をはじめた当初は、Word、Excel、PowerPoint、Accessの 4科目とも初心者に近いレベルでした。そこから約1年3カ月、パソコンスクールで基本を習得して、その後は、試験対策テキストを使って独学で取り組みました。
実は、スクールに通いはじめの頃は、スペシャリスト レベルで十分だと思っていましたが、WordやExcelの応用、Accessを習うにつれ、「エキスパート レベルやマスターも取得したい!」という想いが強くなり、マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(以下、マスター)取得を目標に勉強を続けました。

資格を取って良かったことは何ですか?

マスターを取得するまでは、試験前の不安や緊張によるミスや、不合格の悔しさも味わいました。不合格も含めると7回受験しましたが、楽な試験は1度もありませんでした。だからこそ、合格を重ねることによって自信がついていきました。また、難しいとされているAccessの試験に1回で合格できたときは、自分の勉強した実力が確信できてとても嬉しかったです。

今後は、取得したマスターの知識を身の回りの1人でも多くの人に共有していきたいです。Word、Excel、PowerPoint、Accessの4科目ともしっかり学んだ経験は、自分のこれからの財産になると思います。

【2017年4月掲載】
※掲載内容は2017年3月取材時のものです。

【取得した科目】
MOS 2013 Master (Excel 2013 Expert(Part1、Part 2)、Word 2013、PowerPoint 2013)、
Excel 2013、Access 2013

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら