就職・転職に活用

自分の技術と知識をかたちにするためにMOSを取得。
就活で高評価を得て、仕事でも習得スキルを活かしています。

金丸 沙帆さん(20歳)
山梨県 / コンピュータ・通信関連会社 勤務

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

高校時代から、レポートや資料を作成するときにはWordとExcelを使っていましたが、MOSの存在は専門学校に入学して初めて知りました。そのような資格があるのなら、取得して自分のスキルをかたちとして残し、就職活動に役立てたいと思ったのでMOSを受けることを決めました。

資格を取得して良かったことを教えてください

就活でスキルをアピールできたことが、何よりも良かったと思っています。面接の際には、履歴書の資格欄を見た面接官の方から、「MOSを取得しているのなら、ExcelやWordは使いこなせますよね」というお話がありましたし、また、どこの会社に行っても“ExcelとWordの基礎知識は社会人として必須です”といった内容を聞きました。MOSを取得していたことで、自分の技術と知識をきちんと証明することができました。おかげで就職も決まり、自分への自信にもつながりました。

MOSで習得したスキルの活用方法をお聞かせください

仕事では、ExcelとWordを使う機会が多く、MOSで覚えたさまざまな機能は毎日の業務で活用しています。Excelでは、テーブル作成やフィルタ・並べ替え、関数などの機能を使って業務を効率化し、Wordでは、脚注・引用文献の作成や図表番号の作成などの機能をよく使っています。その他にも、画像の挿入などで絵を入れてわかりやすい資料作りに活かしています。こうしたスキルを習得しておいたことを、日々便利に感じています。

【2017年9月掲載】
※ 掲載内容は2017年7月取材時のものです。

【取得した科目】
Word 2013、Excel 2013

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら