トップ > MOS世界学生大会 > MOS世界学生大会2021 > 2021 日本代表・入賞者コメント

MOS世界学生大会 2021 日本代表・入賞者コメント

日本全国より延べ1万7千人を超える学生が日本代表の座を目指してエントリー、一次選考を通過した60名の入賞者から二次選考を通過した学生および、昨年の日本代表選考優秀者で一次選考が免除になった学生の中から選ばれた4名の2021年日本代表。
2021年11月に開催されるオンライン決勝戦で、各国の代表とそのスキルを競い合います。弊社より授与した表彰状を手に、受賞の喜びとこれからについてコメントをいただきました。
また、各部門入賞者のみなさまからも喜びの声をいただいています。

2021年日本代表&各部門入賞者

MOS/ACA世界学生大会2021日本代表&入賞者発表会

日本代表コメント

  • エクセル2016 日本代表 伊東 絵理さんコメント(船橋情報ビジネス専門学校 ビジネスライセンス科 2年)

    Officeアプリを使いはじめたのは、専門学校に入学してからです。MOSの資格取得に向けて学習しはじめて、社会に出ても役立つスキルだと思いました。学校では実践形式の学習に力を入れ、家ではテキストを読み込んでいました。
    本校から、過去2人の先輩が日本代表に選ばれたこともあり、自分も挑戦してみたいという気持ちから選考に臨みました。入賞、そして日本代表に選ばれたときは、驚きと同時に「努力してきて良かった」と嬉しい気持ちが溢れてきました。
    オンライン開催となる決勝戦では、前年度の日本代表の方々の思いも背負って本番に挑みたいと思います。将来はITの道に進み、システムエンジニアとして人々の生活の質をより良くする仕事に携わりたいです。

  • エクセル2019 日本代表 中園 愛美さんコメント (福岡県立八幡高等学校 2年)

    高校の「情報」の授業でエクセルを本格的に学び、便利な機能や関数を知り、それを実用的に使うことに面白さを感じました。さらなるスキルアップを目指すため、MOS取得を目標に勉強しました。日本代表に選ばれたときは、今までの自分の努力が報われたと感じてとても嬉しかったです。
    世界各国の代表と、エクセルスキルを競うという素晴らしい機会を与えていただけることに感謝しつつ、日本代表として良い結果を残せるように精一杯がんばります。大学では経営学部や商学部に進み、将来は人の役に立つ仕事ができるよう専門的な知識を身につけたいと思います。目標に向かってコツコツと努力をすることが、本番で実力を存分に発揮できることにつながると考え、意識して取り組んでいます。

  • パワーポイント2016 日本代表 小宮山 正晴さんコメント(早稲田大学大学院 人間科学研究科 1年)

    学生大会の公式Facebookで表彰される入賞者の方々や、世界を舞台に活躍する日本代表の写真を拝見し、ぜひ自分もこの舞台に立ちたいと考えました。
    決勝戦での優勝を目標に据えていたので、2020年の日本代表選考優秀者に満足することなく2021年も挑戦しました。「日本代表」になれる最後のチャンスを掴み取ることができ、努力が報われた充実感と達成感でいっぱいです。昨年決勝大会に出場が叶わなかった分、2年分の努力と思いを胸に、自分の持ちうる力のすべてを結集して決勝戦に臨みたいと思います。
    「答えが一つに定まらない問題に対して、深く考えること」を意識して取り組んでいます。どのような業界に就職することになったとしても、そのような問題に果敢に挑んでいく姿勢を大切にしたいです。

  • パワーポイント2019 日本代表 杉田 結衣子さんコメント(ノートルダム清心女子大学 文学部 4年)

    私は昨年の日本代表選考会で、挑戦する姿勢や勇気こそが大切であることを知りました。その経験をきっかけに多くのことに挑戦できるようになり、観光大使になるという長年の夢を叶えることができました。勇気や経験によって本当に人生が豊かになったということを、たくさんの人に伝えたいと思ったのが今年も挑戦した最大の理由です。
    私には特別な才能も自信もありません。本当に、ごく普通の学生です。そんな私が持っていたのは「地道に努力する力」と「ほんの少しの勇気」でした。結果は結果にしか過ぎませんが、その過程で得られた勇気や経験は人生の財産となります。将来は、大学での学びはもちろん、これまでのさまざまな経験を活かして、誰かの人生を豊かにするために自分から挑戦ができる仕事に就きたいです。

入賞者コメントと喜びの笑顔