頑張る!中高年

異動に伴う業務のスピードアップを目指してMOSに挑戦
毎日の業務も新しい部署との関係もスムーズになりました!

吉田 英次さん (51歳)
富山県 / 会社員 (メーカー勤務:事務職)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)取得のきっかけとは?

きっかけは、昨年夏の管理部門(総務人事部)への異動です。入社当初から営業部門だったこともあり、私はそれまで事務的な仕事をしっかりとしたことはありませんでした。異動先の管理部門には、事務職のスペシャリストが集まっており、私とは仕事の処理能力に大きな差がありました。この差を少しでも埋めるべく、いろいろと解決策を模索していた折に、会社の資格奨励制度のなかにMOSの取得対策(通信教育)があることを知り、自身の業務スピードアップのためにチャレンジすることを決めました。

資格をとって良かったことは何ですか?

MOSの合格に上司や同僚から手厚い祝福を受けたことに加え、何よりも良かったのは、仕事をするときの情報処理能力が上がったことです。現在のデスクワークで、かなりのウェイトを占めているのはExcelを使った業務ですし、異動当初はぎこちなかったと思いますが、いまでは膨大な量のデータをスムーズに処理できるようになりました。また、MOSの勉強で習得した便利なやり方を周りのみんなと共有したところ、全体の処理能力アップにもつながるなど、スキルアップが新しい部署に慣れるきっかけにもなりました。
これからも、周囲に良い影響を与えられる存在になれるよう日々努力していきたいと思っております。

【2020年12月掲載】
※掲載内容は2020年11月取材時のものです。

【取得した科目】
Excel 2016

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら