スキルアップに成功!

仕事の幅を広げるためにMOSの取得に挑戦。
スキルとともに自分に自信もつきました!

松浦 進一さん(47歳)
静岡県 /会社員(メーカー勤務|技術職)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得理由は?

40代半ばを過ぎ、“いまの自分は、現在の職業以外で通用するのだろうか・・・”と、改めて自身を見つめ直してみたところ、何もないように感じました。そこで、家族の大黒柱として、将来的にいまの仕事がなくなったときの転職に役立つよう、その他の職業にも役立つスキルを身につけて仕事の幅を広げようと考えたことがMOSを取得しようと思ったきっかけです。あと、20年前にもこの資格を取得していたので、そのことも今回の見つめ直しのスキルアップの最初の資格としてMOSを選んだ理由です。

取得のための学習方法を教えてください.

ブランクも長く、仕事と両立して独学で進めていくのは難しいと判断したので、会社と自宅の近くにあるパソコン教室を検索して、仕事後に行きやすい教室を利用して勉強しました。最初は週に2、3 回は通うようにして、月16時間から24時間は受講していましたが、途中からなかなか頻繁に通えなくなり、月8時間ほどの受講でした。試験の直前対策としては、先生の協力のもと、試験対策問題集2冊を何度もやりこみました。さらに、受験の1週間前からは自宅でも1日2時間は問題集を解くようにして本番試験に臨みました。

資格を取って良かったことは何ですか?

歳を重ねてからの勉強だったので苦労はしましたが、MOSの取得を通じて精神面で成長できたことが一番の励みになりました。勉強して、まずは1科目を取得したことで自分に自信がつきましたし、子供にも良い手本となることができたと思います。いまのところ、実務では習得したスキルを活かす場面はありませんが、自宅では子供にパソコン操作をスムーズに教えられるようになりました。
次はExcelのMOS取得を目標に、引き続きパソコン教室には通っています。まだ、資格取得は道半ばですが、身につけたスキルとその証明となる資格とともに転職などに活かせたらと思っています。

【2020年6月掲載】
※ 掲載内容は2020年5月取材時のものです。

【取得した科目】
Word 2016

一覧にもどる
多くの皆さまからのメッセージをお待ちしています。

皆さまからのメッセージを募集中です。オフィスやプライベートでのOffice製品の各アプリケーションソフトの活用方法や資格取得して嬉しかったこと・苦労されたこと、独自の試験対策法など、皆さまの声をお聞かせください。

※掲載させていただいた方には、図書カードやオリジナルグッズなどを進呈しています。
※当サイト掲載に際しては、事前にご連絡をさしあげます。

メッセージの投稿はこちら