トップ > MOSとは > MOS調査データ報告書

MOS調査データ報告書

企業の生産性に与えるMOSの影響

MOS調査データ報告書 表紙

組織の力は、 従業員の生産性によって大きな差が出ます。それでは、 「真の生産性」をどのように把握することができるでしょうか? 米国サーティポート社とユタ大学が、世界のさまざまな企業で働く従業員を対象に、生産性に与えるMOSの影響を検証しました。調査の結果、MOSを取得した従業員や学生は、マイクロソフトオフィスのスキルが高まることにより、仕事や作業の効率が上がることがわかりました。

MOS調査データ報告書を読む PDFファイル

MOSを取得する5つのメリット(MOS調査データ報告書より抜粋)

メリット1:マイクロソフトオフィスのスキルをレベルアップ

現代の学生はテクノロジーに囲まれて暮らし、これまでになくデジタルリテラシーが高いとされています。モバイルアプリやSNSについてはそうかもしれませんが、マイクロソフトオフィスのようなビジネ スソフトウェアに対しては必ずしもあてはまりせん 。
現実には、マイクロソフトオフィスの習熟度についての学生の自己評価と実際のスキルとのあいだには、大きな差があるのです。

  • 職種にかかわらず、調査対象者の99%が、MOSを取得することでマイクロソフトオフィスのスキル を大幅にアップさせた。
  • 管理職の89%が、「MOSを取得した従業員はマイクロソフトオフィスのスキル がほかの従業員より高い」と回答

メリット2:自信、ロイヤルティ、満足度を高める

教育現場では、演習や講習を繰り返し行うよりも、テストを受けるほうが学生にとって知識を効 率的に取得できるという理解が深まっています。
MOSはテストを利用した新しく最適な勉強法と言えるでしょう。資格取得に欠かせない知識を獲得して活用するために、より深く掘り下げた学習が必要となってくるからです。このような学習を とおしてMOSを取 得すると、自信も身につきます。

  • MOSを取得した従業員の82%が、「仕事の能力に対 する自信が強まった」と回答。
  • MOSを取得した従業員の81%が、「資格を取得する機会を得たことで会社に対 するロイヤルティが高まった」と回答。

メリット3:成果とイニシアチブの向上につながる

マイクロソフトオフィスを、比較的容易に使える人は大勢います。各ソフトの機能に慣れていれば通常業務をこなすことはできますが、しかし、特定の機能以外のものを積極的に試してみようとする人はなかなかいません。平均的なユーザーのほとんどは、10%程度の機能しか使っていないという事実もあるほどです。

  • MOSを取得した従業員の88%が、「仕事の成果が上がった」と回答。
  • MOSを取得した従業員10人のうち6人が、「前よりも複雑で難しい課題に取り組めるようになった」と回答

メリット4:仕事の生産性を高める

ほとんどの企業が人手不足のなかで多くの業務を抱えており、その状態を解決するのは困難に思われます。
従業員にとっても、現状のスキルと同僚のサポートに頼っているようでは、ビジネスの状況を理解してレポートを仕上げ、ミーティング用のスライドを準備するのも手間とコストがかかる一方でしょう。
「MOSの取得トレーニング後は、 以前は仕上げるのに90分かかっていた作業が45分でできるようになった」 と言う管理職もいます。
MOSは従業員の生産性を高め、時間とコストの節約につながるのです。

  • MOSを取得した従業員の83%が、「マイクロソフトオフィスの知識とスキル を頻繁に、または常に活用している」と回答。
  • 管理職の85%が、「MOSを取得した従業員は、仕事の生産性が以前より高まった」と回答。

メリット5:仕事の生産性を高める

MOSを取得した人の多くが、社内で同僚をサポートすることに喜びを感じています。深い知識とスキルによって、周囲から信頼できるエキスパートとして認められるようになります。
特に、チームでプロジェクトに取り組むとき、管理職は知識の共有によるメリットを強く感じるものです。実際、MOSを取得した従業員に対してはより信頼を置くことができ、社内外において有用な 人材であると認識しています。

  • MOSを取得した従業員の80%が、「マイクロソフトオフィスの知識とスキル で周囲から一目置かれるようになった」と回答。
  • マイクロソフトオフィスのスキルレベルの自己評価調査では、MOS取得前の平均値は4.15だった(8段階評価。1を「初心者」、8を「エキスパー ト」とする)。MOSの取得後に行った同評価では、平均値が6.23にアップ。

サーティポート/マイクロソフトより

すでにパソコンが得意でも、認定資格は必要だろうか?

私の名前はスティーブン・マクスイーニー、マイクロソフト オフィス マスターの認定資格取得者であることを誇りに思っています。私は2005年から、サーティポートでさまざまな業務に携わってきました。現在は、戦略的会計部門のバイス・プレジデントを務めています。 私は長い間、自分はデジタルリテラシーのエキスパートだと自認してきました。私の専門は、教育におけるITという分野で、母国アイルランドの大学で関連分野の講師もしましたし、かれこれ15年間も能力評価・資格認定業界で働いてきました。ですから、いまさら… 

詳しく読む

マイクロソフトが語るMOS取得のメリット

マイクロソフトの認定資格部門を統括するシニア・ディレクター、ドン・フィールド氏がMOS取得の必要性やメリットについて、MOS試験を世界各国で配信するサーティポート社の社長レイ・ケリー氏とともに語ります。 

詳しく読む