トップ > MOSとは > 試験概要

試験概要

各試験の詳細をご案内します。以下より、ご希望の試験科目を選択してください。

マイクロソフト オフィス製品は、バージョンごとに新しい機能が追加・改良されるため、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)は、バージョンごとに試験をご用意しています。

なお、試験科目は個々に独立していますので、最初から上級レベル(エキスパート)での受験も可能です。
また、資格のバージョンアップ・更新制度はありませんので、新しいバージョンの資格を取得したい場合はあらためてご受験ください。

試験科目の一覧表

以下の試験科目一覧からも試験概要をご覧いただけます。
ご希望の試験科目を選択してください。

試験科目 バージョン
一般レベル 上級レベル(エキスパート)
Word
ワード
(文書作成ソフト)
Word 365&2019 Word 365&2019 エキスパート
Word 2016 Word 2016 エキスパート
Word 2013

Word 2013 エキスパート Part1(※)

Word 2013 エキスパート Part2(※)

Excel
エクセル
(表計算ソフト)
Excel 365&2019 Excel 365&2019 エキスパート
Excel 2016 Excel 2016 エキスパート
Excel 2013

Excel 2013 エキスパート Part1(※)

Excel 2013 エキスパート Part2(※)

PowerPoint
パワーポイント
(プレゼンテーション ソフト)
PowerPoint 365&2019  
PowerPoint 2016
PowerPoint 2013
Access
アクセス
(データベース管理ソフト)
Access 365&2019 エキスパート
Access 2016  
Access 2013  
Outlook
アウトルック
(電子メール・情報管理ソフト)
Outlook 365&2019  
Outlook 2013
Outlook 2016

※MOS 2013 エキスパートレベルはPart 1、Part 2の2科目に合格すると認定証が発行されます。

試験レベルについて

WordとExcelには、一般レベルと上級レベル(エキスパート)の2レベルが用意されています。
詳細は各試験概要ページの「出題範囲」をご覧ください。

試験科目 一般レベル 上級レベル(エキスパート)
Word
(文書作成ソフト)
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方 スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
Excel
(表計算ソフト)
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方 ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方