トップ > MOSとは > 試験概要 > MOS 365&2019 試験概要

MOS 365&2019 試験概要

『Microsoft Office Specialist Office 365 & Office 2019』(以下「MOS 365&2019」)は、マイクロソフトオフィスの最新バージョンの試験です。2020年以降、順次日本語版の試験科目をリリースする予定です。
「Office 365」は、常に最新のOffice アプリケーションを利用できるクラウドベースのサブスクリプションサービスで、海外では従来のライセンス版以上に普及している国・地域もあることから、新しいMOSには「Office 365」の名称も含まれることになりました。

「MOS 365&2019」では、Officeの新機能に対応します。

  • 3Dモデルデータの編集
  • [変形]画面切り替え効果
  • スライドズーム機能
  • 新しいExcel関数
  • 手書き入力用インク機能

試験の形態

MOS 365&2019は、現在実施中のMOS 2016と同じ出題形式「マルチプロジェクト*」を採用しています。

*マルチプロジェクト
マルチプロジェクト形式は、5個~7個の「小さなプロジェクト」で構成されており、ひとつのプロジェクトには1~7個の小問が含まれます。試験開始と同時に、1つのファイル(1プロジェクト)が開きます。開いたファイルに対して、小問で指示された操作を行います。各プロジェクトは、互いに独立しており、1つめのプロジェクトで行った操作が、2つめのプロジェクトの採点や操作に影響することはありません。

使用するオフィスアプリケーション

試験に使用するオフィスアプリケーションは次のいずれかです。

  • Office 2019 Professional Plus
  • Office 2019 Professional
  • Office 365(Office 2019 Professional同等)

試験画面のイメージ

① アプリケーションウィンドウ
実際のアプリケーションが起動するウィンドウです。
開いたファイルに対する操作を行います。

② インストラクションウィンドウ
解答に必要な指示事項が記載されたウィンドウです。
インストラクションウィンドウは、画面を折りたたんで、アプリケーションウィンドウを大きく(広く)使えるようになりました。

③レビューページ
試験開始直後から、レビューページに遷移することができます。

資格の体系

MOS 365&2019の資格の体系は次の通りです。

一般レベル(アソシエイト)・上級レベル(エキスパート)

レベル名の変更

以前のバージョンでは、一般レベルを「スペシャリスト(Specialist)」と呼んでいましたが、「MOS 365&2019」では「アソシエイト(Associate)*」と呼ぶことになりました。
この変更は、マイクロソフト社がマイクロソフト認定資格プログラム全般にわたり、一貫性とつながりを強化することを目的として決定されました。なお、一般レベルで学習するスキルを仕事や職場の環境に置き換えた時に、「アソシエイト」というレベルで表現した方が、その習得スキルが的確に表現されており、ふさわしい言葉であると判断されたためです。

*アソシエイト(Associate)
「アソシエイト」は、上長や同僚など、誰かに付いて仕事の補佐をする人で、まだ役職が付いていない社員やスタッフを示します。外資系やグローバル企業の中には、「アソシエイト」という職位を使用する場合もあります。

Accessの位置付けを変更

以前のバージョンでは、Accessは一般レベルに位置付けられていましたが、WordやExcelに比べて、Accessが高度なアプリケーションであることから、上級レベルに位置付けが変わりました。出題範囲や内容が著しく難しくなるわけではありません。

新しい認定プログラム

MOS 365&2019は、3つの認定プログラムで構成されます。
1.単科目認定、2.MOS Associate認定、3.MOS Expert認定

1. 単科目認定

各科目に合格するとそれぞれ合格認定証が発行されます。2科目め以降は、認定証右側の科目の一覧に合格した科目が追加されていきます。

2. MOS Associate 認定(新設)

「Microsoft Office Specialist Associate」は、MOS 365&2019で新たに設けられた称号です。
一般レベルの4科目のうち3科目を取得すると、「MOS Associate」の認定証が発行されます。この新しい称号は、複数のアプリケーションを効果的に使うことができる、総合的なスキルを証明します。

3. MOS Expert認定

「Microsoft Office Specialist Expert」は、これまでのマスター制度に近い称号です。
MOS Associate認定に加え、上級レベルの3科目のうち2科目を取得すると、「MOS Expert」の認定証が発行されます。一般レベルのスキルから、上級レベルのスキルまで、総合的なスキルを証明します。

試験の科目と開始時期

MOS 365&2019の試験科目と試験の開始予定時期は次の通りです。
受験者の皆様へのわかりやすさを優先して、弊社MOS公式サイトでは、各科目の後ろに「365&2019」を追記しています。合格認定証や試験結果レポートに記載される科目名とは異なりますのでご留意ください。

試験科目 開始時期 価格
Excel 365&2019 2020年4月予定 一般価格:10,780円(税込)
学割価格:8,580円(税込)
Word 365&2019 2020年4月予定
PowerPoint 365&2019 未定
Outlook 365&2019 未定
Excel エキスパート 365&2019 未定 一般価格:12,980円(税込)
学割価格:10,780円(税込)
Word エキスパート 365&2019 未定
Access 365&2019 未定

試験結果レポートのイメージ

試験結果レポートのサンプルです。