活用事例

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得を通じて、パソコンのスキル&キャリアアップを支援する企業(団体)、実際に導入いただいている教育機関のインタビューおよび推奨コメントを掲載しています。

企業の活用事例

社員研修や社内資格制度などにおいて、多数の企業各社様に活用いただいています。
以下の事例は一部です。他事例については「企業・教育機関向けサービスサイト:資格試験 導入事例」をご覧ください。

企業・教育機関向けサービス|資格試験 導入事例

  • 株式会社あらた
    10年以上継続して、新卒内定者研修にMOSを採用
    全社的なパソコンスキル向上の推進力に
  • 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)
    仕事のベースとなるリテラシーのひとつとしてMOSを活用
    合格の体験を、自分の強みや次の学びを考えるきっかけに
  • 双日株式会社
    総合職・事務職内定者研修に
    マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験導入
  • 株式会社ぐるなび
    パソコンスキルの底上げを目指し、
    新入社員のマイクロソフト オフィス スペシャリスト取得を支援
  • 明星食品株式会社
    営業部員のデータ分析・資料作成スキル向上を狙い、エクセルの受験を導入
    組織の『蛻変(ぜいへん)』意識の高さが資格取得を推進
  • いきいき株式会社
    パソコンスキルの基礎習得を目指し
    新入社員研修での自学自習の学習ツールとして導入

教育機関の活用事例

  • 武庫川女子大学・武庫川女子大学短期大学部 
    「自信を持ってもらいたい」という我々教員の願いに、学生が結果で応えてくれたこと、
    それが日文学科の資格支援プログラムを導いている。同時に、受験を控えた高校生への「武庫女の日文に入ればMOS資格が取れる」というアピールにもつながっている。
  • 成蹊大学
    パソコンが使えるレベルのワンランク上を目指し、MOS取得を授業の目標に。
  • 城西大学
    資格を取得すること以上に「なぜこの資格を勉強するのか」ということや、
    計画を立てて目標達成を目指す経験に大きな価値がある
  • 九州産業大学
    試験は大学のパソコン教室で実施し、2000年から継続的に導入
    学習意欲の更なる向上を目的にMOS取得者には「キャリア・アップ支援奨励金」を給付
  • 大阪電気通信大学
    明確な「合格」という目標に向け、授業で実際に使用しながら、学び続け、試験を受験し合格する。
    この過程が学生に達成感と自信をつけさせ、次のステップアップのための資格取得に向け、行動を起こす好循環を生み出しています。
  • 学習院大学(学習院さくらアカデミー)
    Word、Excel、PowerPoint、Word エキスパート、Excel エキスパート
    ビジネス統計スペシャリストとMOS講座の全てを網羅し、毎年内容をパワーアップ
  • 岡山大学
    新入生のパソコンスキルの向上を上級生がサポート
    スキル習得を表面化するツールとしてMOS試験を活用
  • 東北福祉大学
    医療現場で進むICT化に対応した医療事務職従事者育成のため授業に導入
    選択科目で履修率9割 学生のモチベーションを高める効果として期待大
  • 長野市立長野高等学校
    MOS試験やIC3(アイシースリー)は、進学や就職時の武器
    資格取得で身についたスキルを実践に活かす、将来を意識した学習体系
  • 金沢工業大学
    「資格は意欲と実力の証明」のスローガンのもと
    学生の資格取得をトータルにサポート
  • 神奈川工科大学
    マイクロソフト オフィス スペシャリストの取得を
    スキルアップのきっかけに
  • 恵泉女学園大学
    資格取得の達成感がさらなる意欲を引き出す
  • 学校法人佛教教育学園 華頂女子中学高等学校
    生徒のモチベーションアップや
    パソコンスキル向上に授業で導入
  • 学校法人 大前学園 甲英学院国際ビジネス高等専修学校
    マイクロソフト オフィス スペシャリストを導入したことで
    生徒の学習意欲が向上
  • 推奨コメント:関西大学/東京農業大学
    全国の各教育機関による、
    マイクロソフト オフィス スペシャリスト推奨コメント